2024 民泊経営のリフォームで利用できる補助金・助成金制度

2024 民泊経営のリフォームで利用できる補助金・助成金制度

大阪府のリフォーム会社として、民泊経営におけるリフォームを検討している皆様に向けて、利用可能な補助金・助成金制度について詳しくご紹介いたします。リフォーム費用を軽減し、魅力的な民泊施設を作るために、ぜひ参考にしてください。

主な補助金・助成金制度

民泊経営のリフォームで利用できる主な補助金や助成金制度は以下の5種類です。

  1. 事業再構築補助金(成長枠)
  2. 事業再構築補助金(コロナ回復加速化枠)
  3. 小規模事業者持続化補助金(一般型)
  4. 宿泊施設サステナビリティ強化支援事業
  5. 地方自治体による改修時の補助金

これらの制度の詳細を以下の表にまとめ、その後各制度について詳しく解説いたします。

補助金・助成金制度補助率上限金額主な補助対象経費申請対象者
事業再構築補助金(成長枠)1/21,500万円建物、機械装置費、システム構築費、広告宣伝費成長分野の事業再構築を目指す企業
事業再構築補助金(コロナ回復加速枠)2/31,000万円建物費、加工・設計などの外注費コロナ禍で影響を受けた中小企業
小規模事業者持続化補助金(一般型)2/350万円借料、委託・外注費従業員数が20名以下の小規模事業者
宿泊施設サステナビリティ強化支援事業1/21,000万円省エネ空調設備、太陽光発電・蓄電設備宿泊事業者
地方自治体による改修時の補助金1/2500万円建物改修、無線LAN設置工事、スマートロック導入工事地方自治体によって異なる(例:金沢市、赤穂市)

1. 政府の公募による補助金

事業再構築補助金(成長枠)

事業再構築補助金(成長枠)は、成長分野の事業再構築を目指す企業を支援する補助金です。以前は売り上げの減少が適用条件でしたが、現在は撤廃され、ほとんどの事業者が申請可能です。建物も補助対象となるため、民泊施設のリフォームには非常に適しています。

  • 補助率:中小企業で1/2
  • 上限金額:従業員数に応じて最大1,500万円
  • 主な補助対象経費:建物、機械装置費、システム構築費、広告宣伝費

事業再構築補助金(コロナ回復加速化枠)

事業再構築補助金には、コロナ禍で影響を受けた中小企業を対象とした「コロナ回復加速化枠」もあります。この枠では、建物費や加工・設計などの外注費も補助対象となります。

  • 補助率:中小企業で2/3
  • 上限金額:従業員数に応じて最大1,000万円
  • 主な補助対象経費:建物費、加工・設計などの外注費

小規模事業者持続化補助金(一般型)

小規模事業者持続化補助金(一般型)は、小規模事業者の経営持続性向上を支援する補助金です。従業員数が20名以下の事業者が対象で、補助金額は最大50万円です。

  • 補助率:2/3
  • 上限金額:50万円
  • 主な補助対象経費:借料、委託・外注費

宿泊施設サステナビリティ強化支援事業

宿泊施設サステナビリティ強化支援事業は、省エネ設備の導入を支援する補助金です。民泊施設の省エネ改修に適しています。

  • 補助率:1/2
  • 上限金額:1,000万円
  • 主な補助対象経費:省エネ空調設備、太陽光発電・蓄電設備

2. 地方自治体による改修時の補助金

金沢市|宿泊施設改修事業費補助金

金沢市では、宿泊施設の改修を支援する補助金制度があります。おもてなしや利便性の向上を目的とした改修工事に対して補助金が支給されます。

  • 補助率:1/2
  • 上限金額:500万円
  • 主な補助対象経費:建物改修、無線LAN設置工事、スマートロック導入工事

赤穂市|古民家再生促進支援事業補助金

赤穂市では、空き家となった古民家を改修し宿泊施設や賃貸住宅として再生する場合に補助金が支給されます。

  • 補助金額
    • 改修費用が500万円以上1,000万円未満の場合:250万円
    • 改修費用が1,000万円以上の場合:333万円
  • 主な補助対象経費:改修費用

以上が、民泊経営のリフォームで利用できる補助金・助成金制度の詳細です。各制度の申請には、条件や必要書類が異なりますので、事前に公式サイトや地方自治体のホームページを確認し、適切な準備を行いましょう。

リフォームを通じて、魅力的な民泊施設を作り上げ、お客様に満足していただける空間を提供することを目指しましょう。大阪府のリフォーム会社として、皆様のご相談をお待ちしております。